ホーム>バイアグラの効果

バイアグラの効果

バイアグラ

バイアグラは、世界で初めてED治療薬として登場して以来、EDの症状をサポートできるため、テレビや雑誌で話題を集めて多く愛用する方々がいます。そのED治療薬で何よりに先にイメージできる薬がバイアグラとなるくらいに知名度が非常に高く人気があります。バイアグラのもともとの開発経緯は、1990年までさかのぼり、当初は狭心症の治療薬の開発が進められており、勃起のサポートをする薬ではありませんでした。開発途中の臨床試験で、狭心症の症状を和らげる他に副作用に陰茎部分にも効き目が及んだことがきっかけとなり開発に至ったのです。

発売と同時に一躍有名となったバイアグラ

1998年にアメリカで最初に販売が始まると同時に「夢の治療薬」や「画期的な薬」などとその話題性が大きく取り沙汰されました。当時は、日本の国内では認可を受けていなかったため、入手することが大変困難であり、直接海外で購入するくらいしか方法はなく、日本の国内で入手するには、個人輸入やその代行業者しかありませんでした。日本国内では、1999年にバイアグラが認可を受けて販売が始まり今では病院でも処方されます。

特徴と服用方法

バイアグラの特徴は、根本的にEDの症状である勃起のサポートです。身体的や精神的な事情が原因で陰部の周辺に流れる血液の量が少なくなりEDが起こります。しかも陰部の周りには勃起を弱める酵素があり、その酵素は、勃起を長く続かせないよう筋肉を緩める働きがあるため、バイアグラには酵素を弱めて血管を拡げる効果があります。

バイアグラの効き目の長さは、4時間~5時間ほどとされており、1日に1回、性行為の1時間ほど前に水やぬるま湯で1錠の服用です。効き目が起こるまでに1時間ほどかかるとされており、効き目が早い方や空腹のときには、30分~40分で効き目を感じるとも言われています。特にバイアグラには、勃起力の向上が他のEDの治療薬より強く、性的な興奮、刺激に感じやすくなるので、勃起の際の硬度がより大きくなります。

バイアグラのデメリット

バイアグラには、食事の影響を大きく受けるデメリットがあります。食事を取ったあとに服用した場合、成分がうまく体内で吸収されなく効き目が弱まったり、効き目が現れないときもあったりするので、効果的に服用するなら空腹のときがベストです。食事を取ったあとでなければならないときは、2時間は間隔をあけてから服用します。

バイアグラの副作用

バイアグラは、もともと血管を拡げる薬なため、顔のほてり、紅潮、頭痛、動悸、鼻づまり、目の充血などはどの方でも、服用すれば高い確率で起きます。一時的な症状であり、時間とともに効き目も弱まります。それほど重症というわけではないので、深刻に捉えなくても大丈夫です。ですがもし、症状がおさまらなかったり、悪化した際、直ちに使用を止めて医師に相談して下さい。

バイアグラの禁忌薬

バイアグラを服用に当たり、併用できない禁忌薬があるので注意する必要があります。不整脈、狭心症で使われるニトログリセリン系のNO供与剤や硝酸剤は、血管を拡張させる働きがバイアグラと似ており、血圧を必要以上に下がる恐れが高いため、併用できません。最悪の場合、死亡する可能性もありますので、必ず守って下さい。

バイアグラの購入方法

バイアグラは国内で承認されている医薬品ですので、医療機関へ行き医師から処方されることで初めて手に入れることができます。しかし海外医薬品の通販を利用することで、処方せんが無くても簡単に購入できます。しかも医療機関よりも割安なため、よく使われる方にはおすすめの方法と言えるでしょう。

バイアグラの新形状タイプ

フィルム型バイアグラ

バイアグラは海外で出来た薬なため、錠剤サイズが大きく飲みにくい点が指摘されていました。しかし最近になって、水なしでも服用できるフィルム型のバイアグラが登場しており、再度注目を浴びています。フィルム型という薬は、OD錠と言われています。

これまでのバイアグラの錠剤なら水やぬるま湯などといっしょに服用しますが、OD錠は舌の上に乗せて唾液で溶かす薬であるので、水やぬるま湯などは必要なく、簡単に服用できます。これまでより少しでも早く体内へ吸収するために開発されています。レビトラにも、同じOD錠が新たに登場しています(こちらは錠剤)。

フィルム型のバイアグラは25㎎と50㎎の2種類あり、25mgの大きさは、32㎜*24㎜*2㎜と薄くて小さいです。50㎎の場合でも、63㎜*40㎜*2㎜と本当にコンパクトな大きさなので、財布やカード入れなどに収まり、携帯することも持ち運ぶことも違和感なく簡単にできます。今後さらにバイアグラの人気が高くなる予想ができます。