ホーム>禁煙の重要性

禁煙の重要性

喫煙

健康被害に注目されているタバコ

タバコはもともとその風味や味わいを楽しんだり、吸ったときに心身ともに快感や高揚感などが得られるため、味だけでなく臭いなど五感を楽しむものです。ここ数年、色々な意味で世間からの注目が高まっていますが、決して良い印象ではなく、健康への害が取り上げられており、発がんリスクが非喫煙者に比べ2倍に跳ね上がっているなど、喫煙を習慣化すると、健康の維持に多大な悪影響があります。

若年層の喫煙者は減少傾向

「百害あって一利なし」と言われるほど、健康志向の方から有害なものとして扱われ、年々課税をされつつあるタバコは、経済的な負担を強いられており、人にとっては家計を圧迫するほどです。禁煙が叫ばれる中、その本数をを減らしたり、止めることを望んだりする方が増えてきています。特に若年層の喫煙者数が年々減少しています。テレビ番組で行われたアンケートの調査結果では、お金を払って健康を害するものはいらないといった意見も出るほど若年層からは敬遠される傾向が強くなっています。

このように世間では喫煙者の肩身が狭くなっているため、禁煙を望んでもこれまでは毎日の喫煙が習慣化されていた方が急に止めることは難しいと考えられていました。それはニコチンが原因です。依存性があり、しかも強力であるためなかなか止める事が出来ないのです。

禁煙は非常に難しい

困った女性

それまで広く出回ってきた禁煙治療薬は、タバコに多く含まれるニコチンを徐々に減らしていき、最終的に禁煙するといった形態のものが多く、例えば、ニコチンパッチのような貼ってニコチンの量を調整するもの、ニコチンガムのように口の中に含むものが代表的です。

こういったたばこを止めるそれまでの禁煙の治療薬は、あまり良い結果が出せてなく、ほんの一握りの方が禁煙に成功する状況でした。なかなかたばこを止めたくてもやめれない原因があります。禁煙して吸わなくなったときに、どうしてもタバコをが吸いたくてたまらない症状が起こったり、なぜかイライラしたり、頭痛があったり、眠たくなったり、だるかったりします。

こういった症状は、先述したニコチンによる依存性の離脱症状とも言われており、タバコの喫煙歴が長ければ長いほど起こりやすく、禁煙を困難にする原因でした。

ニコチン依存が起きる理由

離脱症状が起こる原因にも触れます。実は脳の中の働きに関係しています。タバコを吸ったときにその中に多く含まれる成分のニコチンは、身体の中で吸収されると脳内の神経伝達物質のニコチン受容体と結びついた後、脳内の神経伝達物質のドーパミンが多く分泌されます。

ドーパミンが分泌されると、快感や意欲などが湧くため、タバコを吸ったときに美味しいと感じたり、満足感を得られるようになります。ドーパミンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれており、分泌がより多くなればなるほど、身体はもっと分泌して欲しいと何度も感じ、次第に依存性も高めてしまうのです。

チャンピックスが禁煙の救世主

チャンピックス

タバコの危険性をうまく弱める禁煙治療薬がチャンピックスです。その成分は脳に直接働きかけ、ニコチン受容体よりも先に結びつき、タバコを吸ったときと同じようにドーパミンの分泌をするように促します。そのため、これまで禁煙を困難にしていたニコチン依存性の離脱症状を上手く緩和させ禁煙できるのです。

70%もある成功率

1人ではなかなか出来ないといった方や、過去に禁煙に挑み失敗した方、禁煙なんて不可能と感じる方など、タバコがすでに生活の一部となっていても、70%を超える成功率を誇るチャンピックスを使うことで禁煙出来る可能性が高くなります。実際には、医療機関の禁煙外来で取り扱います。

タバコを止めるために必要なカウンセリングをしてもらえるので、とても安心でき治療に専念できます。もしも、1度そういった禁煙外来で診断された経験がある方の場合、通院しにくいため通販サイトから購入もできます。他にも仕事などで忙しくて時間がなかなか取れない方、少しでも禁煙に注ぎ込む費用を浮かせたい方にもお勧めします。チャンピックスを使えば、高い成功率でたばこの禁煙を解決できるはずです。